Home > 技術紹介

ジャットの技術の特長

XMLとAdobe-InDesignの利用で制作の自動化の支援

印刷物制作のコストを下げたいが、自動組版はできない。ほんとうですか。

もしかしたら著者からの入稿の仕方、レイアウトの仕方を変えるだけで制作コストを下げられるかもしれない。
ある程度自動でレイアウトのスタイルを処理できれば、コストは大幅に下がるかもしれない。
入稿データのルール化(テンプレートなどの活用)やスタイルを自動で処理することで、ミスが減り品質が上がり、コストも下がる。
テンプレート活用などで入稿データをXML化するこで、Adobe-InDesignのXML対応機能を利用できるようになり、かなりの自動組版が実現可能です。さらにスクリプト活用で、100%自動化できる印刷物も出てきます。
入稿のワークフローから自動組版のスクリプト開発まで、制作のコスト削減のソリューション提案を行います。詳しくはお問い合わせください。
XML、Microsoft(R) Wordのスタイルなどを生かしてデータベースにしたり、またそれを利用した組版システムの構築も支援しております。

workflow

XMLやHTML(CSS)データから自動組版(XSL Formatter利用など)

繰り返しの多い定型的なデザインの印刷物、またひとつのレイアウトを複数の対象に利用したい印刷物などでは、スタイルを作成しそれをベースに印刷物を作成する方法を行います。
そのときにデータソースをXML化することで、自動でスタイルをあてて、組版処理を行います。アンテナハウス株式会社が販売しているXSL Formatterを使うことで、XMLデータだけではなく、CSSを使ったHTMLコンテンツも自動でレイアウトできるようになります。
XML、XSL、XSL FormatterなどXML環境を利用することで制作の自動化やワンソースマルチユースが実現できます。
このような環境に適したコンテンツを処理したい方へのソリューションを提供します。

Scriptの活用でXMLを自在にターゲットに変換

WordやExcel,AccessからデータをXML出力するだけでは,目的のXMLにはなりません。
MSXSLのようなXSL技術を活用し,XMLからXMLに変換,また文書の定型的な表現がある場合は,Perlなどを使ってXMLから目的とするXMLに変換できます。
このようなScript技術の活用で,多目的のベースとなるXMLに変換でき,また組版処理用のXMLにも変換できます。
このようにXMLをベースとすることで,PDF作成のための自動組版や電子ブックのためのEPUBへの変換まで対応できます。

TeXによる制作の自動化への支援

数式を含んだ組版のいわば実質的な世界標準といえるTeX(テックまたはテフ)の技術水準を更に高めていきます。
著者入稿されたTeXデータをできる限りそのままに、または出版物として最低限の体裁クオリティを持つ出版物の作成を目指しています。またTex入力が大変な場合、簡素するためのスタイルマクロを開発することで入力を簡単にすることも可能です。

TeX⇔WordのコンバートやTeX入稿の簡素化などでお困りの方を支援します。お問い合わせください。

TeXのタグ、Microsoft(R) Wordのスタイルなどを生かしてデータベース作成から、それを利用した組版システムの構築を支援しております。



Microsoft(R) Word/Indesignを活用した多言語組版の提供

文字データの作成では、世界的に見てMicrosoft(R) Wordが圧倒的なシェアを占めています。日本においてもその例外ではありません。ところが、日本の出版・印刷業界ではこのMicrosoft(R) Wordで入力したデータをわざわざIndesign(R)など他のアプリケーションに変換して使っているのが現状です。

Microsoft(R) Wordでも十分な印刷物、出版物はないのでしょうか?

ジャットでは、コスト、品質、納期などの点からMicrosoft(R) Wordでのクオリティの高い印刷物、出版物を作成することによって皆様のニーズに応えることを目指しています。
ちなみに日本工業規格(JIS)は、入力から出力、印刷まで一貫してMicrosoft(R) Wordによって作られています。
インターネットの利用によって、情報はますますグローバルなものになっています。Microsoft(R) Wordも出力はすでに多言語化に対応しています。しかし、多言語データの入力は簡単ではありませんでした。 また、ジャットの多言語システムは日本語プラットフォームの中で実現できるのが特徴でウェブにも対応しています。

Designed by CSSデザインサンプル